ベゼラパパ

美容室からの情報を随時配信します。
ベゼラパパ TOP  >  2015年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋の気配の奥穂高

今年は図らずも北アルプスイヤーになりました。
8月の黒部源流に続き9月中旬に数年前の夏、穂高岳山荘に泊りながら
訳あって(ビール飲んで昼寝しちゃった)登れなかった奥穂高岳
一般的な涸沢ルートではなく岳沢ルートから山頂を目指します

上高地かっぱ橋から本日登るルートが正面に
奥穂DSC03185_R


奥穂DSC03189_R

上高地から少し上っただけでこの景色
奥穂DSC03191_R

約2時間半で岳沢小屋。
DSC03196_R.jpg
ここから始まる急登に備え休憩

重太郎新道ははしごと鎖の連続する岩場
奥穂DSC03199_R

カモシカの立て場で西穂を眺める
奥穂DSC03208_R


奥穂DSC03215_R

急登でも手がかり足がかりがしっかりあるので慎重に行けば問題なし
ものすご~く大変というイメージだった割には楽しく岩をよじ登り
奥穂DSC03212_R

3時間15分で紀美子平に到着、おにぎりをほおばる
奥穂DSC03228_R
ちなみに重太郎新道は穂高岳山荘の初代今田重太郎さんが
作った道で紀美子平は娘の紀美子さんの名前

前穂山頂はスルーして

奥穂山頂へ続く吊尾根
奥穂DSC03231_R

前穂の面々
奥穂DSC03236_R
奥穂へ最後の登り
奥穂DSC03252_R

山頂には祠が
奥穂DSC03257_R

ガスに見え隠れするジャンダルム
奥穂DSC03276_R

しばらく山頂で過ごして穂高小屋へのくだり
奥穂DSC03279_R


平日でもそこそこ賑わう山荘の夜を過ごし、夜明けとともに出発
奥穂DSC03290_R

太陽柱が出現
奥穂DSC03298_R

涸沢に下るザイテングラードからの前穂
奥穂DSC03300_R

紅葉準備中でした
奥穂DSC03305_R

涸沢のテラスで朝食をとり
奥穂DSC03315_R
上高地へスタコラ下る

途中でビールとソフトクリームの誘惑
奥穂DSC03319_R


紅葉のピークにはわんさかと人が集まり登山道が渋滞、小屋もテント場もぎゅうぎゅうの
涸沢はちょっと早めの今週末紅葉ピークを迎えているようです。

深まる秋の旅、次はどこへ・・・?
スポンサーサイト
[ 2015年09月26日 13:54 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

メンズスタイル

たまには本業のヘアスタイルを。

イメージはただ今絶好調、ドルトムント香川のチームメート、ロイスです
ロイスDSC02863_R


ロイスDSC02865_R

[ 2015年09月21日 10:40 ] カテゴリ:ヘアスタイル | TB(0) | CM(0)

横浜名物

ベゼラパパから徒歩30秒のところに「崎陽軒」ができました!
オープンから10日、もう3回も行ってしまった…

シウマイ弁当

絶妙なおかずの組み合わせ
主役の「シウマイ」はもちろん、筍とあんずがね!
ってみんな口をそろえて言います。
冷めても美味しいごはん、
シウマイ弁当の食べ方のこだわり、
チャーハン弁当も好き!などなど
お客様と話題になると結構皆さん、語ります(笑)

先日、山梨、静岡、神奈川3県のスキー仲間が集まって
遊んだ時、特に打ち合わせたわけでもなくそれぞれが
名物を持ち寄って昼からビールを飲みました。
静岡代表は黒はんぺん、山梨代表はデザートの巨峰、
そしてもちろん神奈川代表は崎陽軒のシウマイ!

サッカー観戦の時もシウマイ欠かせません!

しかし30秒は近すぎる・・・ちょいちょい行ってしまうじゃないか・・・




[ 2015年09月10日 09:52 ] カテゴリ:日々 | TB(0) | CM(0)

秋のプチ模様替え

ホーンテッドマンションみたいなアンティーク風のライトに替えました

アンティークDSC03168_R
蜘蛛の巣とか張ったらちょっといい感じ(笑)
ハロウィンの飾りつけが似合いそうです。

アンティークDSC03165_R

こちらは本当にアンティークだった椅子(右側)
アンティークDSC03170_R
汚れや破れがひどくなってきたので張り替えました。
全部で4脚、2脚目までは楽しかったけど・・・残り1脚・・・・・・
[ 2015年09月09日 16:05 ] カテゴリ:日々 | TB(0) | CM(0)

雲ノ平・黒部源流の旅③ 2015.8.20~21 三俣山荘~鷲羽岳~三俣蓮華~双六~新穂高

毎日3時半起床で
この日は暗いうちからヘッ電つけて鷲羽へ
黒部DSC03057_R

今日も朝から槍穂は絶好調
黒部DSC03065_R

鷲羽池
黒部DSC03084_R

山頂でお茶
黒部DSC03075_R

のんびりして
黒部DSC03090_R

黒部DSC03102_R

テン場で朝ごはん
黒部DSC03104_R
ご近所さんたちはほぼ撤収済み

さあいよいよ旅も後半へ
歩き出した時にポツポツ来ていた雨も三俣蓮華稜線に出るころには上がり
曇りながらどこを向いてもやっぱり山だらけの景色が広がる

笠が岳がひょっこり
黒部DSC03123_R

三俣蓮華から双六への稜線歩きは表銀座、裏銀座に対してさながら奥銀座といったところ
黒部DSC03124_R

テント場のお隣さんが「あそこはなかなかいい道だよ」と教えてくれたけどその通り
黒部DSC03130_R


黒部DSC03134_R


気持ち良すぎて立ち止まり、写真を撮り 振り返りでコースタイムを大幅にオーバーしてしまう
黒部DSC03142_R

DSC03144_R.jpg

黒部DSC03146_R

黒部DSC03155_R
双六山頂からの平らな道を急降下して
雨が降り出し、明日の予報も雨なので小屋泊に
双六小屋の夕食
黒部DSC03160_R

夜8時までケーキも食べられる!
黒部DSC03161_R

昨年のお盆明けの南アルプスは荷揚げのタイミングが悪かったのか
ずいぶんひもじい思いをし、小さいカップヌードルやチーカマを二人で分けて食べて
そのおいしさに感動の涙を流したりしたのに今年はだいぶ贅沢三昧。
結論としては北アルプスは痩せない・・・

翌朝3時半にそ~~っっと起きて朝ごはん自炊の後
新穂高目指して出発。
雨とガスで展望ゼロのおかげでスタコラ下る。

鏡平まではふつうに
この小休止の後わさび平までまるで何かに取りつかれたように
ごぼう抜きで下ってしまった。
下りは苦手でいつも時間がかかるのに・・・

黒部の奥地に行ったから山賊かかっぱでも憑りついたんじゃないだろか・・・
な~んて思ったりしながら・・・

わさび平の冷やしフルーツ
黒部DSC03163_R


4泊5日の山行を駆け足で綴ってみました。
初日と最終日、まさに登りと下りが雨で中3日山の中で晴れるという幸運
山に登ってもどこか町や集落の灯りが見えることが多いのに
黒部源流域は本当に山しか見えない。
しかも北アルプスの名だたる山が全部見えたんじゃないか、
自分はその中心にいるんじゃないかと思える場所でした。

道中抜きつ抜かれつの人、山道で行き交う人、
テント場のご近所さん、小屋の夕飯で隣合わせた人・・・
聞いてみるとみんなそれぞれいろんなルートでこの源流域の山を歩いてる。
「ふむふむ、そんなルートもあるのか!」なんてどんどん行きたいところが
増えちゃって帰ってきてからも地図とにらめっこの日々。

まずは秋の長雨の後の輝く紅葉を期待してどこへ行こうか・・・
そしてどうか台風と休みがぶつかりませんように。
[ 2015年09月05日 13:44 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)

雲ノ平・黒部源流の旅② 2015.8.19 雲ノ平~水晶岳~源流~三俣山荘

翌朝は3時半起床。山は夜も朝も早い
ご飯を食べて荷物をまとめてテントを撤収する頃
空がほんのりピンク色

黒部DSC02962_R

庭園越しの水晶岳を目指すのだ
黒部DSC02966_R

その前にまずはテント場背後の祖父ヶ岳(じい)山頂へへ
黒部DSC02973_R
いきなり槍穂の展望ビューでテンション上がる

黒部DSC02985_R

黒部DSC02984_R


途中どうやらデポリ場らしいワリモ北分岐で重いザックをデポ
黒部DSC02993_R

身軽になって水晶小屋へ
黒部DSC02997_R

水晶小屋と野口五郎岳・烏帽子岳へ続く裏銀座稜線を後に
黒部DSC02998_R

青空で~
黒部DSC03001_R

水晶山頂からの~黒部五郎
黒部DSC03005_R
山の名前が苦手な人がおりまして、野口五郎岳と黒部五郎岳をしょっちゅう間違い
挙句の果てに黒板五郎とごっちゃになってしまいます。


読売新道越しの~立山・剱
黒部DSC03009_R

さあ~もう見えるものは山しかな~い
黒部DSC03015_R

帰り道は鼻歌交じりロードね。
黒部DSC03016_R


黒部DSC03018_R

本当に深~いところに来たんだな~
黒部DSC03020_R

ワリモ北分岐まで戻り、黒部源流へ下る。結構長い・・・
黒部DSC03025_R

スノーブリッジ
黒部DSC03034_R

黒部川水源地標
黒部DSC03041_R

三俣山荘へまた登り
テントの受付を済ませたら遅めのお昼、豚汁美味しかった!
黒部DSC03046_R

かっこいい鷲羽岳をバックに
黒部DSC03050_R
プラティパスに沢の水を汲んで足腰首肩アイシングとストレッチを入念に
のんびりテン場で過ごす夕方。
そのうちお隣さんがやってきて、ご近所はまた学生さんのグループで賑やかになり
暗くなったら寝るんです・・・

[ 2015年09月04日 17:50 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)
プロフィール

baiseralapapa

Author:baiseralapapa
ベゼラパパブログへようこそ!
仕事と遊び、なんでもマジメに楽しくがモットーです。
個性豊かなスタッフの仕事ぶり、遊びぶりを紹介していきます。
いつもご利用いただいている皆様にはスタッフの「ウラの顔(?)」がのぞきみできるかもしれません。
ベゼラパパをご存知でない方もまずはブログでお会いしましょう!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。