FC2ブログ

ベゼラパパ

美容室からの情報を随時配信します。
ベゼラパパ TOP  >   >  槍ヶ岳

槍ヶ岳

幸運にも早い梅雨明けで完全に夏空になった11日
日付が変わる頃に今年の目標だった槍ヶ岳登頂を
目指して出発。

早朝沢渡からタクシーで上高地に入り、6時半に歩き始める。

早朝の河童橋は猿が占拠していた
DSC00163_400.jpg

DSC00171_400.jpg

梓川の清流を横目にまず明神まで45分。
徳沢で睡魔が襲い、30分ほどベンチで仮眠。
涸沢との分岐横尾まではほとんど平地を歩く。

ここから徐々に森が深くなり、水量が豊富な槍沢沿いに
標高1800mの槍沢ロッジまで1時間40分ほど。

途中目指す槍が見えるのはたった一箇所、
それもチラッと穂先が見えるだけで本当にあんなところに
たどり着くのか不安になるけど、ただただ
歩くしかない。

お昼前に槍沢ロッジに着き、さてこれからどうするか思案。
足はまだまだ行けそうだけど、なにしろ1時間くらいしか
寝ていない。睡眠不足で高度を上げていくのはちょっと不安
でもあり、次の山小屋までまだ5時間は歩く計算なので
この日はお風呂にも入れる槍沢ロッジに泊まることにした。

これが正解。
午後3時くらいに雷とスコール。
先を急いでいたら完全にずぶぬれになっていた。
シーズン前で宿泊者は20人足らずの静かな夜だった。
石鹸は使えないもののお風呂に浸かって夜は8時半消灯前に
眠りに着き朝4時半まで爆睡。

おかげで目覚めすっきり、標高差1380mを登る力もばっちり!

さあ、いよいよ核心部へ。

5時半の朝食後、6時に槍沢ロッジ出発。

樹林帯を抜け、視界が開けてくると同時に傾斜が増し、
例年より雪が多く夏道がまだ完全に現れていないため
アイゼンを装着し雪渓を登る。

この空の色!!頑張れるでしょ!
DSC00204_400.jpg

この雪渓を越えないとまだ槍の姿は見えないのですよ

ただひたすら登って緑の台地に出るとあんなに遠かった
槍の穂先が目の前に!
それまでの道のりも忘れて「槍、ちかっ!」

DSC00206_400.jpg

しかしここからがまだまだ
再び雪渓を上りDSC00212_400.jpg

ジグザグのぼりを繰り返し
ようやくここまで DSC00224_400.jpg

青空に遠くから雲が湧いてきたので背負ってきた約8kgの
荷物を置いてお昼ご飯の前に山頂アタック開始することに。


クライマックスは次回へ・・・
スポンサーサイト



[ 2011年07月14日 14:58 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baiseralapapa

Author:baiseralapapa
ベゼラパパブログへようこそ!
仕事と遊び、なんでもマジメに楽しくがモットーです。
個性豊かなスタッフの仕事ぶり、遊びぶりを紹介していきます。
いつもご利用いただいている皆様にはスタッフの「ウラの顔(?)」がのぞきみできるかもしれません。
ベゼラパパをご存知でない方もまずはブログでお会いしましょう!

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索